調剤薬局事務検定試験とは?試験概要や日程、合格率などについて解説します!

調剤薬局事務検定試験とは?試験概要や日程、合格率などについて解説します!調剤事務
調剤事務

Warning: Undefined array key 3 in /home/c2533135/public_html/test.iryoujimu.net/wp-content/themes/cocoon-child-master/functions.php on line 164

調剤薬局事務検定試験とは?

日本医療事務協会が実施する試験です。以前は調剤報酬請求事務技能検定と呼ばれていましたが、2018年より調剤薬局事務検定試験へと名称が変更されました。


試験では調剤薬局での請求事務業務に欠かせない、知識と技能が審査されます。試験を受けるには、認定講座の修了などの条件があります。

合格率は90%と高いですが、受験者が講座受講していることで高いことが考えられます。合格率が高くても、調剤薬局事務として必要なスキルや知識は、しっかりと学習する必要があります。

<調剤薬局事務検定試験の概要>

項目内容
受験資格・日本医療事務協会が認定する団体の講座の受講者
・受験申請のあった高校・専門学校・短期大学・大学等
・受験申請のあった一般受験申込み者
試験内容・実技試験
・学科試験
試験時期毎月第4日曜日実施
■試験時間:1時間半

【申込み期限】
・検定申込締切日までに協会あてに申請書を郵送(当日必着)、
もしくは
・専用WEB受験申込みフォームより受付後、協会より郵送の払込票にて、
受験料を納入し、申込みを完了させる。
受験料5,500円(税込)
合否発表試験日の約1ヶ月後郵送・合格者には「合格証書」を同封
合格率89.7%
受験場所自宅受験/会場受験
※詳しくは日本医療事務協会お問合せ下さい。

※試験概要は変更される場合もあります。詳細は「日本医療事務協会」にて確認するようにしましょう。

調剤事務の講座を比較 無料で資料請求できる

一回で合格を目指すための試験対策講座

調剤薬局事務検定試験の対策講座としては、日本医療事務協会の通信、通学講座があります。日本医療事務協会の講座は、調剤薬局事務検定試験の認定講座です。通学講座を受講の場合、合計で3日通えば修了となります。また通信講座であれば、最短1ヶ月の学習期間で在宅受験が可能となります。

調剤薬局事務検定試験とは違い、受験資格のない調剤事務の資格もあります。そのような資格であれば、独学で資格取得を目指すことも可能です。しかし、効率よく学習し、短い期間で資格を取得するなら、日本医療事務協会のような講座を受講することをおすすめします。

講座名費用
調剤薬局事務 通信コース32,184円
調剤薬局事務 通学コース41,040円

上記の価格は通常価格のものです。別講座を既に受講した場合などの、割引制度もあります。

調剤薬局事務検定試験以外にも、様々な試験と対策講座があります。下記リンク先に最新の講座価格などをまとめてあるので、そちらも参考にしてみてください。

一番安い調剤事務講座|費用の比較 >>

調剤事務の講座を比較 無料で資料請求できる

調剤薬局事務の講座選びに役立つ!無料パンフレット

本サイト「メディクラ」では、調剤薬局事務の資格講座のパンフレットを無料で申込むことができます。

講座選びで気になるポイント
「1番安い講座はどれか?」
「自分の希望条件に合う講座はどれか?」
を一括で比較できる
ので、講座選びの参考にお役立て下さい。パンフレットを読んで具体的なイメージを掴み、モチベーションもアップさせちゃいましょう!

下記のリンクより、通信講座またはお住いの都道府県を選択してパンフレット送付をお申し込み頂けます。

>>調剤薬局事務講座の無料パンフレットを申込む

タイトルとURLをコピーしました